久しぶりの雑談枠です。最近久々に映画館行って来た&来月も行く予定なので、「アベンジャーズ AOU」「ジュラシック・ワールド」の宣伝も兼ねてちょっと一人雑談します。もちろんネタバレなんて無粋な真似はしませんのでご安心下さい。

 さてさて、私はあまり映画館に行きません。理由は単純、高いから。最後に映画館で見たのはアイドルをマスターする某アニメ映画だったか、アメイジングなスパイダーマの2だったので、かれこれ1年以上行ってなかったと思います。そんな私がこの度、ホイホイ釣られて行って来たんですよ、映画館に。とりあえずその話でも書きます。見たのはもちろん(?)、アベンジャーズ!


 アベンジャーズ エイジ・オブ・ウルトロン
アベンジャーズ

【予告編】


 とりあえずキャップがかっこよかった。国債買わなきゃ(使命感)

 1が面白かった&ド派手なアクションが売りの映画は映画館で見ないといかんでしょ、という想いのもと、見てきました。混むかなーと思っていたのですが以外にもガラッガラで御座いましたので少しショボーン。しかし内容的にはかなり面白かったです。

 アメコミ原作の方は申し訳程度にしか知識がない&映画はアイアンマンシリーズとキャップ2作、X-MEN3本くらいとアベンジャーズ1しか見たことのない私ですが、予備知識があんまりなくても純粋に楽しめましたよ。ただ、話の流れを理解するためには最低でもアイアンマンシリーズとアベンジャーズは見ておいた方がいいと思います。後キャップ本編も結構重要。というか面白いので見てください。

 とりあえずアクションについては文句なしの力作で、1と違いしっかりと全員にそれなりの見せ場があるのでチームバランス的にもかなり良かったです。特に弓の人とオリンピックおばさんは1の活躍()からは考えられないほどの有能キャラに変身していました。

 全体的な印象としては、1でぶっ壊れ性能だったアイアンマンとソー、ハルクの3人が抑えられ、1で無能だったホークアイさんとブラック・ウィドウが相対的にかなり有能化、精神面での支えだったキャップはホークアイさんにその地位を譲りつつも戦闘面ではかなりの優遇を受けた、というようなバランス調整に仕上がっており、大変よろしかったと思います。

 ただそれでも、個人的には1の方が好きかな、と思いました。今作の敵は人間サイズの機械軍団なため、強大な敵と戦っている感があんまりないと言いましょうか。いや、地味では決してないんですよ、ただ1のラストバトルみたいに巨大な敵も欲しかったかな。特にラストバトルなんかは、敵のフォルムや性質が全部同じなので、アベンジャーズチームの個々の性能を魅せる要素が不足していたのではないかな、と。

 その結果、(個人的に)一番盛り上がったのはハルクVS社長ウルトロンVSキャップという中盤のバトルでした。ただ、この2つが見れただけでも正直見に行った価値はあると思います。特にキャップ。本当にカッコよかった。 国債買わなきゃ(使命感)

 というわけで、1ほど終盤の盛り上がりはなかったような気がしますが、アクションシーンの出来は間違いなく進化しており、特に中盤のクオリティが素晴らしい1本でした。第B級映画レビュー小隊は全力でキャップと社長を応援しています。お互いシビル・ウォーでも頑張ってね! 以上。



 ジュラシック・ワールド
ジュラワ

【予告編】


 さて、私にとってはこちらが本命でございます。もう製作発表されてからこれだけが楽しみで楽しみで。

 ジュラシックパークシリーズは本当に大好きで、もう何回も見ました。個人的にはやはり1が一番好きで、次点で3です。2も面白いですけどね、やはりグラント博士が足りない。(グラントファン)

 「あれだけいろいろやらかしたのにパークをオープンしちゃう」ことや、「遺伝子操作でわたしのかんがえたさいきょうのきょうりゅう」を作ろうとしちゃうあたりかなりの地雷臭がしていますが、幼少期から一番好きだった映画と添い遂げる覚悟は出来ておりますので問題ありません。いや、面白いに越したことはないんですけどね。

 取りあえず今年一番、いやここ数年で一番楽しみな映画なので、公開されたらすぐ見に行こうと思います。多分報告はしませんが、皆さんも是非見に行きましょう。


 さて、最近テンションが上がる&腰の重いインドア派な私を劇場に駆りたてた2作品を紹介しましたが、いかがでしたか? そこのあなたもクソ映画のDVDばかり見ていないで、たまにはA級映画を劇場で見てみてくださいね。CGのクオリティと予算の格の違いを見せつけられますよ!

 それではみなさん、(台風が来てますが)この3連休も優雅にお過ごしください。間違っても田んぼの様子を見に行ったり、河川敷にホイホイ釣りに行ったり、嵐の中で輝こうとしたりしないでくださいね。死にます。