モスキートマン
ディナータァァァァァイム!!!!
国籍 アメリカ
製作 2012
販売 アルバトロス

 この映画ほんと好き(視聴2回目)

 さて今作ですが、実は昔、ブログを始める前に一度見たことがありまして、そのあまりに強烈な印象と個人的ツボに入った世界観のせいでまた見てしまいました。この映画ほんと好き。

 レンタル版を吹き替えで視聴しました。まずはAmazon先生のあらすじ&予告編からどうぞ。

【予告編】


【あらすじ】
世間では蚊による媒介性ウイルスが蔓延。ワクチンの開発が急務となっていた。ある日ジムは務めていた研究所に解雇を言い渡され、さらに妻の浮気を目撃し、泥酔しているところを科学者に拉致される。だが、彼に行われた人体実験は失敗に終わり、蚊の特性と驚異的な身体能力を持つ「モスキートマン」へと生まれ変わってしまった!新たなるダーク・ヒーロー="モスキートマン"誕生、哀しき運命を背負った男の愛と復讐の物語!

ストーリー…………B
アクションの質……C
キャラクター………B
設定…………………D

総合…………………B
おすすめ度…………A

【良い点】
・キャラクターにしっかり魅力がある
・ストーリーはかなりテンポが良い

【悪い点】
・設定ガバッガバ
・ヒーローものとしては盛り上がり不足


 面白いかどうかは二の次として、私はすごく好きでした。受け付けない人は全く受け付けないでしょうが、私のようにドブにハマる人もきっといるはず。あ、おすすめ度は勝手にAにしておきましたので(暴挙)






【以下、ネタバレ注意!】







 ディナータァァァァァァァイム!!!!!!!!

 さて今作ですが、『殺虫剤に抵抗がありながら、新種のウイルスを媒介する』蚊に対する新型ワクチンを勝手に投与された男が、なぜか蚊に刺されまくって超人的な能力を身に着けたモスキートマンとして復活し、復讐のために知人を次々と暗殺していくという至ってオーソドックスなハートフルアメコミ映画です。
 まあスパ〇ダーマンみたいなもんだな!(暴論) それで、アベンジャーズにはいつ出るの?(すっとぼけ)

 さて、上の評価を見てもらえれば分かるように、私は好んで2回目を視聴するほどこの映画のファンなので、かなり評価が甘々になっております。まあ客観的に見れば、総合C+くらいですかね? ヒーローものと言いつつストーリーがパンチ力に欠け、盛り上がらないのがキツイと思った(冷静)

 というわけで、早速そんな今作の詳細なレビューを見ていきましょう! まずは良い点から。



 今作の良い点としては、ストーリーのテンポが良いこと、そしてキャラクターの魅力の2点が挙げられるでしょう。


 まずはストーリーのテンポの良さについて。あらすじを見ていただければ分かるとおり、今作は散々な目にあった主人公がモスキートマンとして覚醒し、自らを苦しめた人々を吸☆血して回るというストーリーなのですが、この流れがなかなかスピーディーに展開されるため開幕の掴みは結構良かったです。

 その後も、モスキートマンとして覚醒した主人公が悪人どもに襲撃、というか吸血を繰り返してくれる上、彼の殺人を止めようと動く警官たちの話も絡まって来て話がダレにくく、ストーリー的な流れと展開としてはなかなか良好。内容的にも、ダメ男だった主人公が突如超人的な能力を手に入れ、吸血衝動などの蚊の習性に苦悩しながらも、復讐の道を突き進むという流れがなかなか纏まっていて良かったと思います。無駄な展開もあまりなく、全体的にコメディチックな雰囲気とも相まって、ストーリーのテンポは良かったと思います。


 では続いて、今作もう一つの見どころであるキャラクターについて。この映画に登場するキャラクターたちですが、これがなかなか個性派ぞろいで魅力があります。絶望のどん底→一転攻勢ダーク主人公に、人間の鑑ヒロインの二大巨頭ももちろんですが、モスキートマンを作りだし、かつ彼を抹殺するために外道な立ち振る舞いをする黒幕昆虫博士や、最初はタダノ無能なのに後半に行くにつれて有能化してゆくおっさん刑事など、周りを固めるキャラクターたちにもしっかりと魅力があって良かったと思いました。



 では、続いて悪い点を。今作の悪い点は、ヒーローものとして盛り上がり不足な点と、とにかくガバッた設定です。


 今作はダークヒーローものとして宣伝されていますが、これをヒーローものとして見た時の物足りなさはもう尋常ではありません。まず主人公の目的が、自分を馬鹿にした一般人を殺害して回るだけであるのに咥え、今作には超人的な力を手に入れたライバル的存在が不在です。そのため当然、超人的能力を生かしたバトル的な展開など一切なく、今作はただただ主人公が格下の愚民を殺して回るだけというストーリーなのです。その上、ラスボスはなんと巨大電気虫取り機という始末。コメディ的な見どころとしてはともかく、盛り上がりには欠けますね、はい。


 そして、今作一番の問題であるガバりにガバッた設定について。この映画ですが、皆さんお気付きのとおり設定はガバッガバです。男がモスキートマン化した理由も適当なら、そもそもなぜ蚊の能力を入手=超人的な身体能力が備わる、になるのかも謎。また、蚊を操ることが出来るというのもよくよく考えれば意味不明ですし、何よりも蚊の能力を手に入れたくせに飛べないというのが一番の痛手。お前吸血だけじゃねーか。総じて、設定は見た目に違わず結構適当です。 ……あ、「そもそも血を吸う蚊は雌だけなんですが」というツッコミは禁止で。

 

 総評ですが、この映画ほんと好き。以上。ガバガバな部分や、盛り上がり不足な部分はありますが、コメディタッチな描写とテンポの良さから、人は選ぶけれどもハマる人ならハマれる映画だと思います。まあ、「ヒーロー物として~」とかガバ設定だとか、細かいことは抜きにしてこういうコメディ映画だと思えばそこそこ楽しめるので、皆さんもぜひ見てみてください。

 それでは最後に、最高にイカしてる彼の決め台詞を。
2015-10-04-01-50-57