DEATH FILE
DEATH FILE
国籍 日本
製作 2006
販売 フォーサイド・ドット・コム

 言い逃れする気すらない姿勢にはもはや潔さすら感じる(錯乱)
のーと

 さて今作ですが、殺人事件を追う主人公の女性刑事がデスファイルという謎のサイトを巡って駆け回るという、内容的には結構真面目なサスペンス映画です。まあ、細かい内容については予告編を見ていただくとして。

 レンタル版を視聴しました。まずはAmazon先生のあらすじ&予告編からどうぞ。

【予告編】



【あらすじ】
このWEBサイトに名前が載った者は、必ず死ぬ・・・

「デスファイル」という殺人予告サイトがある。
サイト内のリストに掲載された人物名をクリックすると、その人間が死ぬ映像が流れてくるという恐ろしいサイトである。
そしてその死を覆すことは誰にも出来ない・・

ストーリー…………C
キャラクター………C
設定…………………C
サスペンス度………C

総合…………………C
おすすめ度…………C



【良い点】
・ストーリーは結構練られていて面白い

【悪い点】
・未完成品じゃないかと思うような終わり方


 正直これだけ見ても、未完成品じゃねーのかという感想が出てくるだけなので、見るのなら2も見る、見ないなら見ない、というふうにすればよいと思います。というかわかりにくいので、せめて1とか2とかじゃなくて前編後編とかにしてほしかった。
 ストーリー自体はそこそこ面白いのですが、これだけ見るとラストの丸投げ感は否めなかったです。とりあえず2を見てみないことには何とも言えないという感想が強く残る映画でした。






【以下、ネタバレ注意!】






 「とある殺人事件を追っていた刑事が『DEATH FILE』というサイトに辿り着く。そこに名前(とかその他諸々)を書かれた人間は、まあいろいろあって殺される」というのが今作の大まかな設定です。そして主人公の女刑事は、このDEATH FILEというサイトに隠された謎を暴くため奔走するのですが……と、かなりサスペンスチックな内容の作品になっておりました。

 ちなみに、某元ネタのNOTEとは「書かれたら死ぬ」という共通点こそありますが、そもそも今作の場合は名前を書かれた人間が必ず死ぬのかどうかも不明ですし、他にもあまり共通点はあまり見受けられなかったと思うので、劣化版NOTE的な展開を期待している方にはおススメできないです。反面、これはこれで結構面白かったと思いますよ、問題点もありますが。


 それと上にも書きましたが、今作はこれ単体で見ても話のきりが悪すぎて、続編を見てみないことには正直なんとも言えません。そのため、今回の評価欄はあくまでも参考程度に留めておいていただき、「DEATH FILE」シリーズの評価はDEATH FILE2のレビューをもって完成させたいと思います。まあ、まだ2見てないんですが、近々見てレビューを挙げるつもりなので、それまでお待ちくださいオナシャス。

 しかしそもそも、この映画はこの映画で1本の映画として出しているのだから、続編があるかどうかなんて関係なくこれ単体の評価をすればよい、という姿勢で始めはいたのですが、それがしにくい理由がありまして……その点については、以下の悪い点でお話しします。

 では早速、そんな今作の詳細な内容を見てゆきましょう。まずは良い点から。



 今作の良い点は、ストーリーがそこそこ面白く結構惹きこまれるということです。


 今作はサスペンス映画としてはかなり真面目な出来栄えで、とある殺人事件を発端として、刑事たちが人知の及ばない殺人サイトと出会い、その謎の解明のために動く、という流れ自体は基本的に悪くありません。DEATH FILEに書き込むと何が起こるのか、一体誰が管理しているのか、そもそも、このサイトの正体はなんなのか……これら多くの謎を交えながら進行してゆくストーリー展開には、思った以上に惹き込まれました



 では以下には悪い点、というより不満点を。今作の悪い点は、これ単体で見ても消化不良感が半端なく残るということです。


 先ほどから何度も述べているように、この映画は今作単体で見てもまるで満足できません。この映画のストーリーの根幹にあるのは、「DEATH FILEという謎の殺人サイトに迫る」ということだと思うのですが、このDEATH FILEというサイトについてはほとんど謎のまま本編は終了します。

 これ自体は「まあ、ミステリアスな感じで良いんじゃね?」とスルーすることも出来るのですが、最初に追っていた連続殺人犯は逃亡したまま、劇中に何度か起こった殺人事件は全て未解決、DEATH FILEは消去出来ず復活と、今作は作中に投げかけられた謎について一切解けないまままさかのエンドを迎えてしまうのです。もう見事な投げかけっぱなしの丸投げでした。


 と、ここでいつもなら「こんな丸投げエンドは許せん! D評価不可避」とずばーんと行くところなのですが、今作についてはそう簡単に評価を付けるわけにもいきません。その理由は、この映画がどう見てもこれ単体での鑑賞を前提に作られているわけではなく、2に繋げるための前章的な位置付けにあると私が勝手に思うからなのです。いや、まだ2見てないんですけど。

 では、なぜ私がこの映画を前章的な位置付けにあると思うのかというとですね……それは今作、ただの丸投げエンドというよりは、所々異常なまでに中途半端すぎるからなのです。DEATH FILEについての謎が完全に残ったままというのは置いておくとしても、今作は他にも解決しておくべき問題について解決していないことが多すぎます。それこそ、CM一本挟んで解決編が始まっても何の不思議もないほどに。

 言うなれば今作は、問題提起、疑問提示に特化しており、コナンで言うところの前編、ひぐらしで言うところの出題編、カレーでいうところのカレールー入れる前、サスペンスドラマ2時間スペシャルで言うところの1時間経過時点での内容でしかないのです。それをですよ、評価なんて出来ないじゃないですか。例えばサスペンスドラマを途中まで見て「謎が解決してないから駄作!」とは言えないですし、カレールー入れる前のカレー食べて「まずい」とは言えないですよね。何か例えが分かりにくいかもしれませんが、そう言うことです(丸投げ)



 総評ですが、まあ2を見てみないことには何とも……としか言えない内容でした。これといった盛り上がりに欠ける部分も、まあ今作が前章だと思えばさほど不思議はないですし、ラストも丸投げというよりは途中という解釈をすれば納得いきます。あ、でも登場人物に棒読みが目立った点については斬首で。

 とりあえず2を見てみて、そのレビューを持って今シリーズの評価といたしたいので、しばらくお待ちください。レビューも消化不良感が漂いますが、今回はこのあたりで。