ゾンビーワールドへようこそ
ゾンビ―ワールドへようこそ
 レンタル版を視聴しました。まずはAmazon先生のあらすじ&予告編からどうぞ。 

【予告編】


【あらすじ】
高校生でボーイスカウトのベン、カーター、オギーはクラブで女の子と遊びたくて仕方がない。ある日、キャンプを抜け出してパーティー会場へ行く途中、なんとゾンビ化した住人たちが襲ってきた! 
間一髪のところを美人ウエイトレスに助けられた3人は、ボーイスカウトで 身につけた様々なワザを駆使して、一致団結しようとするのだが…。


ストーリー………B
ゾンビの質………B
キャラクター……A
設定………………B

総合………………B
オススメ度………B

【良い点】
・青春ものとして充分な完成度
・キャラが魅力的
・全体的なクオリティが高い

【悪い点】
・人を選ぶ要素が少し強い

青春ゾンビコメディものとしては、個人的にはゾンビランドに匹敵するレベルの安定感と面白さでした。ただし、ゾンビものというよりは青春モノとしての色が強く、下ネタガン振り、ゾンビがゾンビゾンビしていないなど人を選ぶ要素もそれなりに強いので多少の注意が必要です。しかしそれを差し引いても良くできているので、是非オススメしたい映画でした。






【以下、ネタバレ注意!】






  いい感じに頭が悪い雰囲気がギャグ度を高めていていいと思います。

 さて今作ですが、ボーイスカウトしに山の中でキャンプ張ってて街降りてみたらいつの間にか街がゾンビだらけになってたので、片思いの姉ちゃん助けにパーリー会場に改造武器持って乗り込むお話です。まるで童貞高校生の妄想を上手くまとめて映画にしたみたいな内容だぁ……。

 というわけで、早速良い点から行きましょう。



 今作の良い点は、全体的なクオリティ、特に青春ものとしての完成度が高いということと、キャラクターがバッチリ魅力的なことです。


 まずこの映画の特徴として真っ先に挙げられるのが、青春系ゾンビコメディとしての高い完成度でしょう。この映画、コメディ的な見どころが最初から最後までしっかりと散りばめられているので、終始ギャグを楽しんで見ていられるというのが好印象。轢き殺した鹿とツーショットを撮ってみたり、ゾンビのソーセージ(意味深)を掴んで引きちぎってぶん投げてゾンビに咥えさせてみたり、ゾンビにパイタッチして逃走してみたり……と、その内容もさることながら、ギャグを仕込んでくるタイミングや配分の調整がなかなかに優秀なので結構楽しんで見られると思います。

 また、今作はゾンビものでありながらも青春ラブコメとしての要素がかなり強いのですが、この青春ものとしての部分のクオリティも目を見張るものがあります。ゾンビだらけの週末世界を生き抜くだけではなく、途中でぐう美人なお姉さんと出会い、学校の皆を救うため、とりわけ、片思いの先輩を救うために、ホームセンターで調達した材料で武器を製作し、ゾンビ蔓延るパーティー会場に乗り込む主人公たち。そこで愛しの先輩を救い出し、最後はお手製爆弾でゾンビを殲滅、愛しの先輩を見事ゲットしハッピーエンド……という、まあなんというかゾンビ映画にハマった中学生が寝る前の布団の中で妄想した内容を真剣に映画に起こしたかのようなストーリー展開になっているのですが、だがそれが素晴らしくいい。個人的にはすごい好きでした。
 君たちの中にも、中高生の時に、ゾンビ相手に自分がヒーローになって同級生を救って、好きな女の子と結ばれる妄想をしたことがある人がいるだろう?


 そうなってくると、当然重要なのはキャラクターです。こんな童貞の妄想を映画にしたような内容なのに、ヒロインが可愛くなければ興ざめです。主人公たちが筋肉モリモリマッチョマンではお話になりません。しかし大丈夫、今作はしっかりとそのあたりのことを分かって作ってくれているのです。

 主人公が片思い中の先輩が可愛いのはもちろんのこと、道中で彼らとともに行動してくれるお姉さんも童貞キラー的魅力をガンガン放っていますし、主人公たち三人組はいい感じに頭が悪そう、しかしやるときはやってくれる勇敢さを持ち合わせていたり……と、このキャラあってこそのこの内容、という感想をしっかり抱かせてくれるような布陣になっており、キャラとストーリーとの相性がかなり良いのです。どちらかだけが浮いているということなくしっかりとマッチしてくれていたので、見ていて余計なことを考えずに楽しめました。キャラの出来については、個人的には文句なしなクオリティです。というわけでキャラについては、ちょっとおまけでA評価。



 では、良い点は以上でした。続いては悪い点、というよりどうしても気になってしまう点を。それは、今作には人を選ぶ要素がそこそこ含まれているということです。


 その例として一番顕著なのは、やはり下ネタの多さでしょうか。この映画は基本的に、ギャグパートには隙あらば下ネタをぶち込んでくるような姿勢で製作されているので、全体的に見て下ネタがかなり多いです。まあ、内容が内容なので見ていてさほど違和感はないのですが、受け付けない人は受け付けないでしょう。私は受け付けました。

 私が受け入れられなかったのはむしろ、ゾンビを少し遊ばせすぎなことです。この映画、出てくるゾンビは基本的に人間を食うことを第一目標に動いてくれるのですが、中にはそうでもないゾンビもちょこちょこ出てきます。例えば、最初に出会うストリッパーゾンビは人間前に踊りまくってますし、途中で出てくるブリトニー厨ゾンビは歌で分かり合えたり……と、ちょこちょこゾンビを使ったギャグもぶち込んでくるせいで、今作はちょっとゾンビを遊ばせすぎな印象。これがなかなか受け入れられなかった。



 というわけで総評ですが、人を選ぶ要素もあるにはあるけれども、青春ゾンビコメディとしてはかなりのクオリティを保っている作品だったと思います。特にストーリーについては、誰もが一度は妄想したことのあるような内容を一本の映画にしっかり収めており、登場キャラクターもそれにしっかりマッチしていて非常に良かったと思います。個人的には、ゾンビランドと同じくらい、もしくは以上に好きな作品でした。気になった方は是非!