SHOOTING シューティング
シューティング


 特徴がないのが特徴みたいな映画はマジで書くことないからやめろ(死活問題)

【予告編】


【あらすじ】
世界はパック・シンクレア社とミルコア社という、2大企業に支配されていた。パック社が送りこんだ5人の戦闘チーム、そのミッションは、ミルコア社の研究施設に潜入し、謎のマシン≪AME500≫を奪うこと。激戦の末≪AME500≫の奪取に成功するが、ミルコア社の暗殺部隊に追われ逃げ回ることになる。彼らが知ったこの任務の本当の目的と≪AME500≫の恐るべき秘密とは…。


ストーリー………C
キャラクター……C
設定………………C

総合………………C−
オススメ度………C

【良い点】
・それほど悪い部分はない

【悪い点】
・盛り上がり不足、迫力不足、緊張感不足と不足揃い

 ところどころ気になる部分、というか不足を感じる部分は多々あるんですが、総合的に見て致命傷とまで呼べるような部分はなく、見てられないほど酷くもないけど順当に面白くないというぶっちゃけ書くことなんもない映画でした。やめて。





【以下、ネタバレ注意!】






 「POVのガンシューティング映画って、ありそうでなかなかない映画だなぁ」というクッソ軽い気持ちで見ました。結果はご覧の有様だよ。

 というわけで、マジで書くことがないので早速中身の方を見て行きましょう。まずは良い点から。



 今作の良い点は、致命傷となりうるほどの部分はないということです。


 この映画は、後述しますが期待度の高いパッケージとは裏腹に内容的にはびっくりするほど平凡、かつものすごく普通な内容の映画なんですが、幸か不幸か、ストーリーや設定、キャラクターなど、あらゆる要素において見ていられないほどの酷い部分はありませんでした。これを頑張ってよく言うならば、手堅く安定感のある作りになっていたと言えないこともないこともないかもしれません。以上です(擁護諦め)



 というわけで、以下には悪い点を。今作の悪い点は、あらゆる要素において不足を感じるということです。


 この映画を見ようとする人は、まず間違いなく自分が射手になっているかのような臨場感、ないしはFPSをプレイしているかのような感覚を期待して見ると思うのですが、そもそもその部分の出来についてはお世辞にもよく出来ているとは言えません。いや、言ってもB級映画ですから、私だってそこまでのクオリティの臨場感を期待して見たわけではないんですよ? ないんですが、それにしたってちょっとお粗末なんじゃないかと――特に、 全然シューティングしてない中盤の展開、お前だよお前。

 もちろん今作は映画ですから、ストーリーが重要なのは分かります。そのストーリーを進めるために、話が多くなる部分ではどうしてもシューティングを挟めないことも察します。でもですね、そのストーリー自体がそこらに転がってそうな程度の代物&今回の闘争の原因になっている秘密兵器が周囲数メートルにいる人間を操る?暴走させる?というクッソ地味な性能しか持ち合わせておらず、たいして盛り上がっても来なければさして面白くもない、というのは結構きついです。

 いや、この秘密兵器、使い方次第ではかなり面白そうなんですけどね、一番派手に使ったシーンが、周囲のチンピラ数人を暴走させて殺し合わせる、っていうなんとも地味な見せ場しかもらえなかったのはいかがなものか……一応ラスト付近では、主人公たちを仲間割れさせる用途に使われていて、そこの部分はちょっとだけ熱い展開があったような気もしますが、そんな秘密兵器よりも敵の増援部隊の方が厄介そうだったし、なんとも花がないと言いますか。

 そして『でも大丈夫、この映画にはパッケージに写っているなかなかイカすロボが登場するからな! こいつとの派手なバトルがあるだけでも良しとしよう!』勢の方には申し訳ないのですが、本編にこのロボットは出ません。別のロボットは出ますよ、風が吹いたら倒れそうなくらい、上半身に比べて下半身が貧弱すぎる、糞雑魚AIMでガトリングばらまくだけの、なんかASIMOに強化装甲取り付けたみたいなやつが。  どっちが多くKILL出来るか勝負しようじゃないかロボット君!(煽り)

 そんなロボがラスボスなので結局あまり盛り上がらず、おまけに肝心要の銃撃戦も全編にわたってさほどクオリティが高いわけでもない、と、正直あらゆる要素に対して力不足を感じる作品でした。



 総評ですが、ここまでボロクソに言ってますが、じゃあ糞面白くなかったのかというとそうでもなく、見ていられないほどの部分があったかと言われるとそこまででもなく、低予算映画としてはまあよくある感じの出来栄えだな、と思わされるような映画でした。見てもこれと言って得られるものはないですが、見たことによってそこまでダメージを負う映画ではないです。

 ですがまあ、「こういうネタにもならないフツーの映画が一番ダメなんじゃないの?」と言われると「そうだよ」としか返せませんね……。