花子VSヨースケ
花子VSヨースケ

 レンタル版を視聴しました。まずはAmazon先生のあらすじ&予告編からどうぞ。

【予告編】


【あらすじ】
除霊師見習いの雫音(志田友美)は、師匠の美代(竹内えり)と修行の旅に出ていた。雫音は霊の感情に共感しすぎる未熟な部分があり、ときには霊の思念に飲み込まれてしまいそうになることを美代から注意するように言われていた。ある日、ふざけて廃校に忍び込んだロックバンドメンバーのミカ(多田愛佳)やジョー(淳士)らが肝試しをしていたところ、一緒に参加していたや友人の亜紀(横山ルリカ)が命を落としてしまう。事態に怖じ気付きお祓いにやって来た彼らの話から邪悪な霊の存在を感じ取った雫音は除霊のために廃校へと向かう。予想をはるかに超える強大な闇の力を持った霊との戦いで窮地に立たされる雫音だったが、美代と謎の女性、泉(加藤明子)に助け出される。しかしこの事件は、悪霊との壮絶な戦いの序章に過ぎなかった。

ストーリー……C
ホラー度………C
キャラクター…C
設定……………C

総合……………C+
オススメ度……C

【良い点】
・ホラー描写の出来は悪くない
・基本的な部分は結構しっかりできているので、割と見ていられる。

【悪い点】
・クソ雑魚ヨースケくん

 基本的にはそこそこ良くできているので十分見ていられるクオリティの映画なのですが、花子が強すぎるくせにヨースケが雑魚すぎる。こんなんじゃVSものになんねえんだよ(半ギレ)






【以下、ネタバレ注意!】






 ヨースケって誰だよ(真理)
 
 さて今作ですが、毎度おなじみジャパニーズホラーVSシリーズ最新作?です。タイトルの通り女子トイレの花子さんと男子トイレのヨースケくんが戦うよ。だからヨースケって誰だよ(再掲)
 
 えー、ちなみにWikipedia先生によりますと、ヨースケくんというのは横浜県横浜市を中心に活動している男子トイレ版トイレの花子さんだそうで、同地域では「女子トイレの花子さん」と「男子トイレのヨースケさん」が共存しているみたいです。逆に言うと、ヨースケくんの怪談は完全にローカルものみたいですね。全国区商業展開している大企業と地元でひっそり活動してるローカル中小企業とじゃ勝負になんねぇんだよ(無慈悲)

 というわけで、まずは良い点から見てゆくことにしましょう。



 今作の良い点は、基本的な部分は割と良くできているので、結構しっかり見ていられることです。


 今作、タイトル的には2大悪霊のVSものを謳っていますが、話の構成的には除霊師VSヨースケの話がストーリーの大半を占め、ヨースケVS花子さんの話は中盤の一瞬だけ、そして終盤ちょろっと出てくるくらい。そのため今作、実質的には花子さんの出番は殆どありません。

 さて、このヨースケくんと除霊師との戦いですが、これがなかなかいい感じ。ヨースケくんに関する部分のホラー描写は結構良いですし、ストーリーもヨースケの正体や除霊師おばさんたちの過去を交えながらの進行、そしてヨースケくんとの交戦も定期的にあり、後半はヨースケくん自身も学校を飛び出て出張殺人しに来てくれるので、話が間延びせず全体的にだれずに見られて悪くないです。

さらに、除霊師との対決や、ラストの花子VSヨースケ戦はそこそこ熱いバトルで良かったと思います。以上。



 では続きまして、悪い点を。今作の悪い点は、パワーバランスの崩壊が著しいため非常に盛り上がりに欠けるということです。


 先ほど今作、花子さんの出番はほとんどなく、ヨースケVS除霊師にストーリー的な重きが置かれていると言いました。しかしその分、花子さんには出番はありませんが見せ場はガッツリあります。というより、花子さんが強すぎてですね、ヨースケが完全に噛ませと化しているんです。

 糞雑魚人間どもには粋がってノリノリで殺しを堪能するヨースケくんは、除霊師おばさんたちをも上回る強さを発揮し、 除霊師ご一行は何度もピンチに陥ります。しかもこのヨースケくんが、除霊師おばさんの息子だったことも判明し、人間対ヨースケの終着点は……? というちょっといい感じの盛り上がりを見せる展開に。これが序盤~中盤の展開ですね。

 しかし終盤、それまでマジのガチで出番がなく、話題にも全く上がらなかった上にほとんど静観を決め込んでいた花子が登場するや否や、人間相手に善戦していたヨースケくんをボッコボコに打ちのめし、最後の反撃を仕掛けようと裏取りに来たヨースケにも一切動じず水の刃で貫くという驚異的な戦闘能力を見せつけ、なんか何事もなかったかのように帰っていってエンドとかいう糞ふざけた展開をぶち込んで来やがるのですこの映画は。

 だからVSものでバランス崩壊気味の戦闘力調整は話が盛り上がらないからやめろって言ってんだろ。得意技が遠隔首絞めとガス部屋攻撃という、格下相手の人間相手にしか戦えない性能のヨースケくんに対し、圧倒的範囲攻撃を誇る便器水津波、水の壁によるガード、水の形状変形による武器作成など、攻守ともに隙のない性能を見せる戦闘特化の花子とじゃ勝負になんねぇんだよ。

その様はさながら、敵相手に善戦していた今作主人公を差し置いて、何の前触れもなく突然出てきた前作主人公が圧倒的強さで敵を殲滅し、出番も見せ場も主人公の看板も全部かっさらっていく様を見せつけられているかのようでした。まるで



 総評ですが、花子出てくるまではいい感じのホラー、花子が登場する終盤はバランス調整をミスったとしか思えない有様でした。ローカル芸人が調子乗って全国区の番組に出演してみたら、大物芸人に公開処刑されていそいそと実家に帰らさせられる様を見ているかのような、そんな哀愁漂う気持ちにさせられます。貞子VS伽椰子みたいな話の構成してるくせにバランス調整は下手すぎるんだよなぁ……。

 「バケモンにはバケモンをぶつけんだよ」的なセリフがあるのでそういう展開になるかと思ったら、花子を召還するための努力はほとんどしないので、終盤のピンチにマジで突然花子がぽっと出てきたと思ったらヨースケをボコって満足して帰ってく話にしか見えなかったのが最大の敗因ですね。一応、ヒロインと花子との繋がりが伺える伏線があるにはあるのですが、それだけじゃ弱いよ。花子召還の伏線はしっかり張って、どうぞ。

 しかしここでフォローも入れておくならば、全体的な出来自体は決して悪くなく、充分見るに堪える出来栄えになっている、ということだけは付け加えておきましょう。総合評価的にはC+になっていますが、B-にしようか迷ったほどです。なんにしても、ジャパニーズホラーVSものシリーズの中では結構クオリティが高い方なので、気になったらぜひ見て、どうぞ。