新エイリアン 最終繁殖
新エイリアン

レンタル版を吹き替えで視聴しました。まずはAmazon先生のあらすじ&予告編からどうぞ。

【予告編】


【あらすじ】
ヤツらが地球に産みつけるのは恐怖と絶望

臨時ガイドとして叔父叔母が運営するお金持ち不良高校生達の更生プログラムに参加することになったロス。
グループはキャンプ地に向かう途中に謎の物体と何者かに惨殺された遺体を発見する。
不安を抱えつつもキャンプを続行し、夜を迎えた一行の前に突如謎のエイリアンが姿を現す! 
叔父が殺され、洞窟内に隠れた学生たちも次々と捕獲され殺されてしまう。
何とか生き残ったロス達はエイリアンが地球で繁殖しようとしている事実を目の当たりにする。
救助を求めベースキャンプに戻ったロス達だったが、そこにエイリアンが襲ってくる! ! 
逃げられないと悟ったロス達はエイリアンに真正面から挑んでいく―! 


ストーリー………
モンスターの質…
キャラクター……
設定………………

総合………………B-
おススメ度………


【良い点】
・モンスターの襲撃が結構多いので飽きずに見られる
・キャラクター&モンスターの出来がなかなか良い

【悪い点】
・内容的には平凡気味で、ストーリーもペラい

 個人的には、結構好みなタイプの映画です。何よりもモンスターの出来がなかなか良い。襲撃も多め、造形もなかなか凝っており、結構ヌルヌル動いてくれ、おまけに活躍もしっかりしてくれるなど、見ていてバッチリ楽しめました。反面、ストーリーはペラッペラですが……まあ、多少はね?







【以下、ネタバレ注意!】







 エイリアン(4足歩行型機動兵器)
 エイリアンがかっこ良かった(小並感)

 さて今作ですが、人格矯正キャンプやってる最中に機械獣なエイリアンが突如参戦してきたので、逃げたり戦ったりして倒す、なんかありがちなモンスター映画です。ストーリー的にはこれといった捻りはないんですが、それ以外の場所で個性の発現には成功していたのでセーフ。

 では、以下にはその辺を詳しく書いていきましょう。まずは良い点から。



 今作の良い点は、モンスターの襲撃が多めなことと、キャラ&モンスターの出来が結構良いことです。


 ではモンスターの襲撃頻度の関連について。 まず断っておきますが、この映画は前半のテンポについて、特段良いという訳ではありません。話が大きく動き出すまで(エイリアン登場)には30分以上かかりますし、その間も導入部なためか、これといってとくに見所がある訳でもないです。まあ、これはモンスター映画によくあることなので、そこまで気にはなりませんでした。

 そして、そんな導入を過ぎ去って中盤に差し掛かるあたりで、展開が大きく動きます。謎のモンスターの登場で仲間を殺され、逃走を強いられ、圧倒的強さを誇るモンスターの追跡により厳しい状況に突然放り出される主人公たち。反面、モンスターはその存在感を見せつけるかのように、定期的な襲撃を仕掛けてきます。

 この、モンスターが積極的な襲撃を繰り返してくれるおかげで、中盤以降はほとんどだれずに視聴を続けることができます。これが今作の評価を底上げしてくれている最初のポイントですね。

 しかしここで重要なのは、今作のモンスターはただ単に襲撃が多いだけでなく、視聴者を飽きさせない工夫がきちんと施されている、ということです。というか、造形と性能が私の好みにドンピシャなんです。

 この映画のエイリアンは、いわゆる例の映画のエイリアンのような生命体ではなく、4足型の機械兵器(もしくは機械生命体)です。その見た目の迫力もさることながら、それがショットガンの弾丸をも弾きかえす装甲と、ヘリの爆発に巻き込まれてもビクともしない耐久力、そして車に勝るとも劣らない機動力と圧倒的戦闘能力を持って主人公たちに迫り来るんです。
 それに対し、最初は逃げるだけだった主人公たちが、徐々に戦闘へと意識を向けて行き、最終的にトラップを使ってのガチ戦へと突入、という流れ。この移り変わりがまた、見ていて楽しい。

 さらにさらに、こいつらは夜はもちろんのこと、白昼堂々と姿を現してくれるため、その造形をたっぷり堪能できるのも嬉しいところ。というか、こいつとの戦闘の大半は昼間なので、その造形とヌルヌルとした動きを存分に見せつけてくれます。モンスター自身の造形の良さと、動き、戦闘での動かし方など、モンスターの出来栄えについてはすべての面において結構良くできていたと思います。


 また、これと戦うキャラクターたちも、なかなか魅力的で話の面白さにきちんと加点を入れてくれていたのも好印象。仲間をまとめたり、とくに終盤はモンスターに対して積極的な戦闘を仕掛けに行ってくれた主人公をはじめ、モンスター撃退用の仕掛けを作ってくれるメガネオタクなど、生きるために自分から動いてくれるキャラがキチンといるのは見ていて安心感があっていいです。また、屑役がしっかりいてくれることで、話が単調にならずにいたのでこれもGOODな措置。総じて、キャラについても褒められる部分が多い映画です。



 反面、今作の悪い部分としては、内容的には平凡であること、それに、エイリアンの正体も何も結局不明のまま終わるという投げやり感などが挙げられます。確かにエイリアンの造形などは良くできていますが、話としてはあらすじ以上でも以下でもなく、これといって驚かされることもなかったのが少し気になったでしょうか。まあ、他の部分が割としっかり出来ているので、誤差だよ誤差!



 総評ですが、個人的に好き。そんな映画です。なにより、エイリアンの見た目が完全にロボットであること、これに今作の特徴が全て詰まっており、良くも悪くもこれを受け入れられるかで好みが分かれる映画だったのではないかと思います。

 以外としっかり作られていて結構楽しめるので、個人的には是非ともお勧めしたい映画です。気になった方はどうぞ!